カードは賢く使えば問題ないツール

クレジットカードの印象は人それぞれだと思いますが、私はカードは賢く使えば問題ないツールだと思っています。

よく節約するにはクレジットカードを持たない、使わないということをいう人がいたりしますが、私から言わせれば刃物は危険だから包丁は持たないようにしようといっているのと同じほどナンセンスに感じます。

使い方や使う人の意識で無駄遣いであったり、浪費に使ったりするようなことはまずありません。

きちんと使った額を把握して、その支払いがいつでそのお金はすでに確保できているかというのが確認できる範囲でのみ使うことが基本です。

確かに、現金がなくても買い物ができてしまうのがクレジットカードですが、払える見込みつかなかったり、分割やリボルビング払いのつもりでは使ってはいけません。

絶対に支払いは一括で、手数料や利子などにはびた一文クレジットカード会社に払わないつもりという意識でもいいぐらいです。保険などの付帯サービスがついていたり、買い物の盗難や破損などの保障がついていたりするので便利でお得な点が多いのがクレジットカードです。

現金を持つよりも安全で、カードの紛失や盗難も電話ひとつで使用停止できます。また不正使用にも損害がないように保証されていたりもするので安心して使えるのがクレジットカードです。


このページの先頭へ